2009年10月28日

【シュタインズゲート】考察してみた

Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)クリアーしたよー

なんだ単なる神ゲーか
細かい伏線とか、かなり作り込んであり、Ever17 -the out of infinity-以来の名作です。

今回ネタバレなのでクリアーした人だけ続きを読んでください。







トゥルーエンドで紅莉栖を助けた時の事について考えてみました。
観測者が認識して物事が決定する「シュレーディンガーの猫」的な解釈ですね。

シュレーディンガーの猫のwikiをよんでもらう方がいいけど簡単に言うと
箱の中に入れた猫が生きている確率は1/2の状態である。
箱を空けたとき、猫が生きているか死んでいるかを確認する事ができるが、箱を空ける前の「猫が生きている確率は50%で、死んでいる確率も50%」の状態は認識することはない。

みたいな内容です。

岡部は「血だまりの中に倒れている紅莉栖」を「死んでいる」と認識してダルにメールを送りました。
今回における観測者は岡部で、シュレーディンガーの猫でいうところの箱をあけた人に当たります。

タイムマシーンでどれだけ過去を替えた所で、過去の岡部がその時間軸で「血だまりの中に倒れている紅莉栖」を観測したという事実は替えようがありません。
じゃ「血だまりの中に倒れている紅莉栖」=「死亡」って事実をねじ曲げてしまえばいいじゃん!
「血だまりのような物の上に意識を失わせた紅莉栖を置いておけば、いいんじゃね?」
突っ込み所は満載ですが発想が素敵ですw

シュレーディンガーの猫にたとえると、箱を空けると「まるで死んだように見える猫がいました」みたいな感じですかね。

kekemotoの理解が足りないだけなのかもしれませんが、納得の出来ない場所が多数あります。

○25年間タイムマシーンの研究に費やした鳳凰院凶真からのDメール
これを受け取ってタイムマシーンを作らずに済む岡部がいるということは、岡部が今まで「無かったことにしてしまった時間軸」もすべてパラレルとして継続しているという事が前提です。
凶真からのDメールを受け取った時点で、タイムマシーンの研究をしている凶真の時間軸とは違う物になってしまうのでは?
あと、すべてのバットエンドな時間軸も平行して存在していると思うと泣けます。

○阿万音が「この時代に来る必要が無くなった。」といってタイムマシーンごと消えてしまう。
岡部のいる空間がシュタインズゲートに入って戦争は起こらなくなったけど、それはあくまで岡部がいる時間軸の未来です。
25年後の凶真がいる世界があるということは、戦争が起こっている世界はパラレルとして、そのまま続いているはずなので阿万音が消えるのはおかしいのでは?

○タイムマシーンで未来に飛ぶ
血だらけで現在に戻ってきた岡部の世界では、紅莉栖が生きていました。
そう考えると戻ってきた現在は、改変してきた過去と繋がっている同じ時間軸のはずなので、その時間軸に岡部が2人いないとおかしいのでは?

○7年後に再会しよう!
バタフライ効果とか全く無視w

細かいところを突っ込むと切りが無さそうですが、とても面白いゲームでした。
是非、続編を作って欲しいです!

なんだか長文になりましたが、一番気になるのは
コミケで知り合うダルの嫁だったりしますw
posted by kekemoto at 13:56| Comment(2) | TrackBack(0) | シュタインズゲート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
顔面ぐしゃぐしゃになりながらクリアしたよー
とりあえずkekemotoの疑問に対する、
ボクなりの回答はあるけど(おぼろげだけど)
長くなるのでまた箱上で語ろう!
エル・プサイ・コンガリィ(?
Posted by BAR at 2009年10月30日 12:10
お、ついにクリアーしたか。乙です!

かなり泣けるよな。
とあるエンディングの着信音だけで泣けたw

どう解釈してるのか楽しみやわ。
本当に長くなりそうなので続きはボイチャで。

トゥットゥルー
Posted by kekemoto at 2009年10月30日 12:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。